自分の力で生きよう 〜ナチュラルライフでいこうよ〜

セラピーアーティスト花ちいえが心と体に気持ちいいオーガニックなこと伝えていきます

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

うなぎ 元町「濱新」 

 

美味しいもの大好き、
ランチ食べ歩きな私が得にお勧めする
お店をブログにてご紹介♪


テーブルに出てくる
シンプルな「鰻」

そんな奥深さを感じた
元町 「濱新」

お店や料理の奥には
見えない色々があってなんですよね


店主の方とカウンターで
色々と話ながらのランチは、
いつもの食とはまた違う心身が喜ぶ
食の味覚とは別に

何か爽快な「おおっ」という
店主の方の想いを感じた心地よさが混ざり合った時間。



ここの鰻の口に入れた時の鰻の存在感を保ちつつも心身に寄り添うな感覚、そして、ごはんの焚き加減がほんとバランスが良く、
最高に美味しんです。

ほっとするというか、ストレスがなく、シャンとさせられるというか・・


2度目の来店。

入口には、素晴らしい!
創作家具作家の安藤和夫さまの「行灯」の作品が堂々と構えてました。
惚れ惚れ。入口でまじまじと怪しい人となってました(笑)



今回は、ランチ限定の「鰻セイロ」
お昼らしい鰻の美味しさに軽やかさを味わえます
ワガママ言って、肝も1本だけ追加してもらっちゃった。

素敵な漆の器にも私はうっとり。
器も目で楽しむ食のひとつですよね。










カウンターで色々な話の中、
有名なお店で働いていたり、以前のお店では他の料理もやっていたそうですが、
ここは鰻料理のみ。

店主曰く、出来るけど他を切り落とした分 鰻に力をいれられるそうです。
シンプルな鰻の料理こそ難しい。

こういう考えも親しくしている入口の行灯を制作した
家具作家の安藤さまの姿勢からも影響しているとも言われていました。

食も家具も分野など関係なく
物を作るという観点は繋がっているんですよね。

ほんとそぎ落とすことでシンプルにするって、
自信がないとできないことですよね。

そして、毎回毎回素材の違いを感じ、
五感を全開にし、毎回毎回食べられる方がどうしたら美味しいと目だけでなく、
皮の焼ける繊細な音をきくなど
体全体で鰻を焼くそうです。


そんな時は、鰻を焼いている時はスタッフに話しかけないでくれと。
これだけ真剣にむかっているのです。


これ、分かる、分かる!
私も真剣に料理に向かう時、
自分のなかで感覚まで敏感になり食材に向かい、空間や流れをつくるなかで、
人の全く違うエネルギーが入ってくるとぶちっと途切れてしまうのですよね。

その他、色々、色々話したけど・・
ぜひとも足を運んでみて実感して
欲しいお店です。

元町「濱新」
http://hamashin.org


1年の自分へのご褒美を(^-^)
そして、来年もまた頑張ろう。
スポンサーサイト

category: お店紹介:横浜・元町:

tb: 0   cm: 0

△top

横浜元町のとってもお勧めなお店紹介♪ 

 

昨日は、去年九月から通いはじめた
元町での革細工教室の日。

そんな後は、お楽しみのランチ♪
いつも教室の後は、どこにしようかと
散策しています。

小町通一本入った道の外れのお店に
何度か前を通っては、
いい感じな店構えと良さげな雰囲気で
ここはイケるぞ!というお店で
足をとめるのだけれども・・・
ランチ最低価格3品¥1800という値段で
躊躇して入ってなかったお店
『Le Petit Courageux』
(ル プティ クラージュ)
http://s.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14020900/

昨日は、夜に予定もあり時間もたっぷりある
ということで・・・
心を決めて(笑)入ってみた!

結果、めちゃめちゃ良かった!
のでブログにアップしてみます。
今まで元町でランチ行ったお店のベスト123の中にベストイン!

入ってからネットで調べたら(笑)
以前、茅ヶ崎にあったお店らしい。

価格というものは不思議
お店をでる時には、¥1800は
高くないとなっていた(笑)
ただ、ランチでグラスワインが
¥700~1500はちょっと高い。

料理の味は、ベーシックなフレンチの感じが
ベースにあり、でも日本人にすっと馴染むような
仕上がり具合がなんともバランスよく
心地よく美味しい。

カウンター横のおばさまお二人も絶賛。
今度は姪っ子つれてくるは、
貸しきれるのか?
元町きたら必ず来るは・・
など言われてました(笑)

お店の雰囲気もこじんまりと
落ち着いていてグッド。

お店の方の対応はまあまあ(笑)

いただけないのが、ワイン。
初めてのところは、グラスワインを頼んでみる。
ワインなのかグラスなのかイマイチ。

グラスワインの価格¥700に対してのワイングラスがいただけない。
洗っても割れないような分厚いく重い、
ワインもこの暖かな気候のわりに冷えてないサーブ。

まあ、これは全然目をつぶれるぐらいのお料理!

と、やっとお料理写真。

お料理3品と書いてあったけれど、
アミューズと最後のプチ菓子もついていた

一品目のアミューズ
「トマトのムース」


トマトの酸味と生クリームのまろやかさに黒粒胡椒の食感と風味がアクセントになっている
クリーミーだけどあっさり感で美味しい。
けど、どこかで食べたかな?という感じで、「心がおどる」までではなかった

次は、定番のキッシュだとサーブ。


このキッシュが最高!
口にいれた時に「うわっ!」と心おどりました。
焼きたてなかんじでフワッとした温かな食感と
発酵バターの香りがほんのりと
卵の風味と全面にでるでもなく、
ひかえるでもなく“口の中で香る”感じ
がバランスいい

お野菜も一部、千葉の「ヤギ牧場」からとこだわりがありそうだけど、
このプレートのお野菜たちは
普通に美味しいねというかんじでした。

自家製パン


粉に味わいがあるのか、
何もつけなくて噛みしめると味わい深く美味しいパン

あとのメインのお肉のスープにつけると香ばしい味わいがプラスされて二度楽しめる

お隣のおばさんは、「美味しいわ~」と五回ぐらいおかわりしてたくらい(笑)

そして、メイン。
「ほほ肉の煮込みスープ仕立てキャベツ添え」


これも絶品!
お肉の形と肉質は残しながらすっごく柔らかくにてあり、口の中で柔らかく存在し心と体に優しく浸透する
スープも肉の旨みがシッカリと出ていてとてみ地味深い。
そこにたっぷりのチャイブとイタリアンパセリのハーブがこの季節らしくスッキリさせる
う~ん、美味しかった~

この後は、デザート
豆腐好きな私は、プラス¥200で(笑)
「豆腐のブリュレ」と「コーヒー」


ちょっとこれはフレンチのデザートとしては、思ってたものよりイマイチ。
ちょっとフレンチとしては、豆腐を変化させられなく垢抜けないかんじ。

これで終わりかと思ったら・・・
飾りでかわいいなと思ってたプレートがやってきた!

これは、見ためでオッケー(笑)
キュートでイチコロ。

うーん、とってもコストパフォーマンス良しの充実した時間を過ごせました。

ぜひ、横浜元町に行った際はぜひ、およりください!

category: お店紹介:横浜・元町:

tb: 0   cm: 0

△top

懐かしい味 

 

元町「ウチキパン」
シナモンとレーズンのパンをひとくち口に入れると・・・
素朴だけど優しいしっとりとした何ともいえない味わい

昔、母が焼いてくれた懐かしい感覚が体中によみがえってきました


BLOG9169_20111015090712.jpg

昔ながらのもの いいよね


最近、なぜか色々な昔からそのまま引き継がれている
人の手のぬくもりの優しさを感じるもの達。

そんな機会やものに触れる事が多い


「昔は、それが普通なことだった」とご近所のおばさまたちは言う

category: お店紹介:横浜・元町:

thread: ナチュラルライフ - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

横浜市公園の枝がリサイクルで堆肥に!ご存知? 

 


我が家の小さな花壇のおかげで

ご近所のおじさんから教えてもらった秘密の場所!?でもないですが、

ズーラシア動物園の先には、そんな秘密めいたような場所に

横浜市リサイクル事業の堆肥ありっ!!
(↑Linkしてあります)
写真 5 写真 4-1 

ほっかほっか 暖かさを感じる堆肥が手にはいりました♪

しかも!自分で袋をもっていくと 10kg 55円!

「はまっ子ユーキ」といういうらしいです。
(↑Linkしてあります)          
セルフサービスで車に堆肥をのせ、

行きに車ごと重さを量り、帰りにその差の分だけお支払い。

なんとも大胆!

写真 1-8 


市の公園や街路樹で今までは焼却されていた剪定枝など4800万トンのリサイクルなんです!

写真 3-6 写真 1-7 写真 2-7 写真 3-7  

エコに貢献し、安く良質なできたてホヤホヤな堆肥が

手にはいるなんて素晴らしいと思いませんか?

横浜市って、こういう所にもちゃんと手を入れた事業をしているってスゴイなと感じました。


自然の枝がまた土に帰っていく

いいですね


category: お店紹介:横浜・元町:

thread: 花と生活 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top

初ひとりランチ♪センター北の良い店み~つけた☆☆☆ 

 


昨日、引越し後、はじめて外でひとりランチ♪



家の色々を探しにセンター北のショッピングモールへ。

状況が許せばですが、
できれば、お店の方の想いが感じられるような所が好きなので

こういうショッピングモール的にまとめて入っている所に
入っているお店には入りたくない・・

ということで、天気も良くとても暖かだったので、

周りを散歩がてら、お店探ししてみよっっと。



牡牛座、月の私は、大好きな食や味覚には、
触覚がぴーん、とはるらしく、
看板やお店の感じで、ここ!と思った所はあまり外さないのだ



今回も当たり~♪


お店は、
「Fish&Vegetable seven Bells」


お店は2階で様子が分からなかったけど、
なんとなく、看板の感じからいいかもっ!?と思い、突入♪

うん、うん。
小さな店内にテーブルが5テーブルぐらい。
こだわりの食材がかいてあったりと、なかなかちょうどよい感じ。
ランチセットが、5種類
最初は無愛想だった、オーナらしい男性のサービスも
少しお話するといい感じ♪
シェフと2人でキリモリしているよう。



1皿目は、有機野菜元気いっぱいのサラダに、カルパッチョ

添えてあるのは、フェンネルの香りがほんのりバランスよいソース。
それに、お魚の鮮度と肉厚さとあぶらな感じとソースがまさに
Good!

お野菜も元気で、野菜の旨さを感じる

写真 1-5

2皿目は、キーマカレー

口にいれた時、とてもふんわりとやわらかく入ってくる
今までに味わった事のない
それで、その後にちょうどよい辛さがくる
こちらのハーブ使いもバランス良し♪


  写真 2-4 



デザートなしでも良かったけど、
「メープルシロップのシフォン」と聞いて、つけてみた
けど・・・・・

デザートはつけなくて良かったかな。

うん、これは料理のクオリティに比べると
んんっ?って感じ。
ポソッっとしてて、味わいも少なく、
冷蔵庫にはいってたのか、ちょっと固い

シェフは、パティシエでなく、料理人なのかな?と(笑)

写真 3-3 



他のランチコースもまた、とても魅力的だったし、

夜も来たいな~と

また来たいなと思わせるお店でした。





【お店情報】

センター北駅
ノースポート・モールの向かいにあります

住所:横浜市都筑区中川中央1-22-9 T'sビル2~3F
TEL:045-914-5152
営業時間:11:30~15:00(LO14:30)
       17:00~翌1:00(LOフード24:00、ドリンク24:30)
定休日:月曜

category: お店紹介:横浜・元町:

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。